風俗って画期的だよね

興奮の正体は分からない!

興奮の正体、それははっきり言ってよく分かりません(笑)自分でも明確な趣味というかフェチがある訳じゃないんです。だから、風俗ではその場の雰囲気もありますし、相手によっても違った気持ちになると思うんですけど、つまりはどんな展開になるのか自分でも予想出来ないってことです。むしろ予想出来ないものだからこそ、いろいろと楽しんでみようかなって気持ちになるんじゃないのかなって思うんですよね(笑)だってそれがやっぱり楽しいじゃないですか。予想通りの展開を楽しむよりも、予想外の展開を楽しんだ方が断然楽しいんじゃないかなって思うんですよ。しかもその上で最終的には快感の絶頂にまで連れて行ってもらえることは確定しているようなものじゃないですか。それだけでも単純にやっぱり最高だなって気持ちにさせられると言うか、そのおかげで自分自身、風俗って最高だなって思えるので、風俗は試してみないと分からないものなんですよね(笑)

やはり鍵を握るのは…自分?

風俗がどれだけ楽しいものになるのかのカギを握る存在は風俗嬢ではありません。むしろ自分自身なんです。これは何度も風俗で遊んでいるうちに気付きました。もちろん女の子の存在も重要だとは思いますけど、どれだけ自分の好みだったり、ハイレベルな風俗嬢を見かけたとしても自分が相手に対して非協力的だったとしたら、はっきり言って何も面白いものにはならないと思うんですよね。つまりは自分が楽しもうって思うことだし、もっともっと自分なりに積極的に女の子と向き合ったり、女の子に対して心を開くことこそ、楽しむために何よりも重要なことなんじゃないかなって思うんですよ。風俗で相手からサービスしてもらうものではありますけど、より楽しみたいのであればその点もまた、しっかりと抑えておくべきなんじゃないかなって思いますし、むしろそれをしっかりと抑えることが出来れば、より楽しい風俗生活が待っているんじゃないかなって思えるんですよね。